異種合金の溶接

        異種合金の溶接とは            
   全く種類の異なる金属同士の接合を行うことです。
 弊社で最も特徴的な技術であり、自慢の技術です。消耗部品などの
 消耗部に性能の高い金属を接合することで、製品全体の性能を上昇
 することができます。
 特殊溶接40年以上の実績、溶接のイマセウエルにお任せ下さい。

 

■弊社の異種合金溶接技術の特徴



接合する金属同士の溶け込みの少ない接合が可能です。
これにより接合する側の金属を傷つけずに接合ができます。
                 SEM/EDMによる金属組成分析
    
   鉄 銅   
  図は鉄と銅の接合の様子です。金属同士の混ざり込みがほとんど見られません。


属メーカー様との提携により
多彩な 特殊金属の接合が可能です。求められる性質から判断し、材質のご提案をさせていただきます。
  弊社開発品の合金のご提供も可能です。

ご提供可能な特殊金属の例
ステライト、 熱燗工具鋼(SKD61)、アルミニウム青銅(AlBC)    
エバジュール 、 CuZ 、特殊銅合金(自社開発品)      



  他社の接合技術に比べ、金属同士の溶け込みが少ないことから少量の金属で接合
が可能です。
接合の際に生じる余分な金属部を減少させ、コストの軽減が可能です。

■異種合金の溶接技術を用いた製品のご案内


Copyright(c) 2013 IMASEWELL co.,ltd. All Rights Reserved.